ミョウバンを用いた手汗改善

手汗に悩んでいて、その改善方法を調べている人でしたら、ミョウバンが効果的だというのを聞いたことがあるかもしれません。
ミョウバンといえば、大根やきゅうりを漬けるときに使う添加物だという印象が強いですが、その効果には殺菌や発汗を抑えるといったものがあるのです。
発汗を抑えるなら手汗にも効果的だとして、手汗の改善にミョウバンということになったようです。
真実かどうかは疑わしいですが、体験した人は「ミョウバン水を手にかけてすり込むと、さっぱりしました」「手がさらさらになり快適です」という効果を実感しているみたいなので、やってみて損はないと思います。
では、ミョウバンをどのように使用するのでしょうか。以下を参考にしてみてください。
<用意するもの>
・焼ミョウバン50グラム
・水1.5リットル
・容器(ペットボトルが保管に最適)
作り方は簡単で、用意した水に焼ミョウバンを入れたら冷暗所に2日から3日の間置いておき、ミョウバンが水によく溶けるようにします。
ミョウバンが水に溶けきったら、ミョウバン水の完成です。
このミョウバン水は手の平に吹きかけて使ったり塗るようにすり込んで使ったりしますが、そのまま使うと肌には強過ぎて荒れてしまうので、20倍から50倍ほどにまで希釈してから使うと良いでしょう。
また、肌の状態は人それぞれ違いますが、敏感肌の方などは特に荒れたりかぶれたりしやすいので初めは大目の水に溶かして薄くしてから使用していくようにするといいと思います。
持ち運びが出来るような小さなスプレータイプのボトルなどに入れておけば、手汗が気になった時にいつでも吹きかけられるのでおすすめです。