視力回復するレーシック以外の方法

視力を回復するにはどうしたら良いでしょうか?まず、その方法として、レーシック手術を思い浮かべる人も多いのではないかと思いますが、それ以外にも視力を回復させる方法があるという事をご存知ですか。
視力を回復する方法には、あまり知られていないような方法もあります。
レーシック手術を受けることには、抵抗があったり、怖いと感じる人は、その他の方法を試してみるのも良いと思います。

◎視力を回復するレーシック以外の方法

・フェイキックIOL
フェイキックIOLとは、直接、眼の中にコンタクトレンズを埋め込んでしまうと言う方法です。
コンタクトレンズを使用している人ならわかると思いますが、激しい動きをすると外れてしまうこともありますし、毎日管理するのが、とても面倒でもあります。
フェイキックIOLの手術を受けることによって、コンタクトレンズを永久に着けた状態となりますので、その点では大変便利になるでしょう。

・イントラ角膜リング
イントラ角膜リングと言うのは、眼の病気の治療法の一つのことです。
円錐角膜という眼の病気の治療法なのですが、円錐角膜になると、近視や乱視が強くなってしまいます。
そして、角膜の移植手術が必要になってしまうケースなどもあるのです。
この手術を受けることによって、近視も乱視も治療できますので、円錐角膜かもしれないと不安に思う人は、早速、眼科に行ってみると良いと思います。

・オルケソラトロジー
オルケソラトロジーと言うのは、手術をする方法ではありません。特殊なハードコンタクトレンズを使用する方法なのです。
就寝する時に、特殊なハードコンタクトを付けておく事によって、角膜の形状が矯正されて、起きた時には、視力が回復しているために、眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなっていると言うものです。
ですが、デメリットとしては、一定時間経つと、元の視力に戻ってしまうために、頻繁に使用し続けなければならないという事があります。