月別アーカイブ: 2013年8月

水で二日酔い予防

お酒を飲む人は、誰でも二日酔いというものを経験したことがあると思います。
二日酔いになってしまうと、非常に辛いので、出来ることなら避けたいことですよね。
そこでオススメなのが、アルコールを飲む前にコップ1杯の水を飲むという方法です。
なんと、これだけで、二日酔いを防ぐことが出来るというのだから驚きです。
それでは、このような方法で二日酔いを防ぐことが出来る理由を見ていってみましょう。
アルコールは、肝臓において、有害物質のアセトアルデヒトになり、最終的に水と二酸化炭素になります。
そして、水と二酸化炭素として、体外へと排出されることになります。
この流れの中で、アルコールがアセトアルデヒトになる際は、多くの水が必要になります。
この時に、体内の水が少ない場合、上手く分解することが出来ません。
そして、アセトアルデヒトが体内に残ってしまい、血液中に流れ込んでしまいます。
これが原因で、頭痛や吐き気が引き起こされてしまい、それが二日酔いというわけです。
要するに、二日酔いになってしまうのは、体内の水が不足しているからなのです。
アルコールを摂取しすぎてしまうと、体内の水も大量に必要になるので、二日酔いになりやすいことになります。
そういったことから、アルコールを飲む前にコップ1杯の水を飲むことで、二日酔いを防ぐことが出来るのです。
コップ1杯の水を飲む際は、硬水よりも軟水の方が、二日酔いに効果があると言われています。